山口華楊 Yamaguchi Kayo(Yamaguchi Kayou)

明治32年(1899)〜昭和59年(1984)

京都の友禅染色業の家に生まれる。本名、米次郎。兄は日本画家山口玲熙。明治45年、西村五雲に師事。大正5年、京都市立絵画専門学校入学。同年、第10回文展に「日午」初入選。大正8年、京都市立絵画専門学校卒業。竹内栖鳳の竹杖会に参加。昭和2年、第8回帝展で「鹿」特選。師五雲没後、その画塾「晨鳥社」を支え、昭和17年、京都市立絵画専門学校教授となり後進の育成にも努める。戦後は日展を中心に活動し、昭和46年、日本芸術院会員、昭和56年、文化勲章を受章する。円山四条派の伝統を受け継ぎながら、清澄で現代的な画風を確立した。日本画家。

加藤栄三 山口華楊
海老と蛤図
加藤栄三 山口華楊
団扇に蟋蟀(こおろぎ)図
山口華楊 駒鳥
駒鳥

画像をクリックしてください