香月泰男 Kazuki Yasuo

明治44年(1911)〜昭和49年(1974)

山口県大津郡三隅町に生まれる。大正4年(4歳)、両親離婚。大正11年(11歳)、父貞雄、朝鮮の大邱で客死。昭和4年(18歳)、東京美術学校西洋学科を受験するが失敗、川端美術学枚に通う。昭和6年(20歳)、東京美術学校西洋学科に入学。藤島武二の指導を受ける。昭和9年(23歳)、梅原龍三郎の所属していた国画会に入選。昭和11年(25歳)、東京美術学枚を卒業。同年、北海道庁立具知安中学校の美術教師として赴任。昭和13年(27歳)、山口県立下関高等女学校(現県立下関南高等学校)教諭に転任。藤家婦美子と結婚、下関市大坪町に居を構える。同年、第13回国画会に「猫」入選。昭和14年(28歳)、第3回文展に「兎」特選受賞。昭和15年(29歳)、国画会同人推挙。昭和18年(32歳)徴兵。昭和20年(34歳)、日本の敗戦にともないシベリア抑留。昭和22年(36歳)、5月帰国し、下関高等女学校に復職。昭和23年(37歳)、山口県立深川高等女学校(現長門市山口県立大津高等学校)に転任。同年、第22回国画会に出品。以降、国画会出品、フォルム画廊などで個展を重ねる。昭和41年(55歳)、九州産業大学芸術学部油絵科主任教授を委嘱される。昭和42年(56歳)、神東川県立近代美術館で「高山辰雄・香月泰男展」開催。昭和45年(59歳)、北九州市立八幡美術館で香月泰男<シベリヤ・シリーズ>展開催。昭和49年(62歳)、心筋梗塞にて死去。平成5年、三隅町立香月美術館開館。

パリの屋根シリーズ
パリの屋根シリーズ
ギリシャ・ロードスの裏町 1972年作
ギリシャ・ロードスの裏町 1972年作

画像をクリックしてください