菊池契月 Kikuchi Keigetsu

明治12年(1879)〜昭和30年(1955)

長野県中野市に生まれる。はじめ郷里の南画家児玉果亭に学ぶ。明治29年(1896)、町田曲江と京都に出て、菊池芳文に入門。四条派を基調とする絵画を学ぶ。明治39年(1806)、菊池芳文の養嗣子となる。明治40年(1907)、第1回文展で「春暖」入選。明治43年(1910)、京都市立絵画専門学校助教授となる。文展審査員。大正11年(1912)より12年にかけて渡欧、中世イタリアの宗教画やエジプト彫刻に感銘を受け、繊細優美な新古典的人物画に独自の境地を拓く。昭和7年(1932)、京都市立絵画専門学校と同美術工芸学校の校長に就任。昭和24年(1949)、日本芸術院会員。

菊池契月 美人立姿
美人立姿
菊池契月 寛政婦女
寛政婦女
菊池契月 踊図
踊図
菊池契月 小松曳
小松曳
菊池契月 観世音菩薩
観世音菩薩

画像をクリックしてください