石川欽一郎 Ishikawa Kinichirou

明治4年(1871)〜昭和20年(1945)

江戸から駿府に移住した旧幕臣の子として静岡市内の浅間神社の近くで生まれる。その後東京に移り、逓信省東京電信学校に入学、洋画家小代為重の指導を受ける。明治22年(1889)、大蔵省印刷局に入る。明治24年(1891)、明治美術会に入会。浅井忠、川村清雄などに指導を受け、明治美術会解散後巴会に加わる。明治33年(1900)、陸軍参謀本部の通訳官として義和団の乱に従軍して負傷。明治38年(1905)、大下藤次郎を尋ね、以後大下の主宰する『みずゑ』にアルフレッド・イーストの翻訳を掲載し、英国水彩画の紹介に努めた。大正13年(1924)、台湾に渡り、台北師範学校嘱託となり、台湾水彩画会を創立。台湾美術展の審査員などを務める。昭和7年(1932)、帰国。台湾での活動によって、同地で近代洋画の祖として仰がれる。

竹林農家(台湾風景)
竹林農家(台湾風景)

画像をクリックしてください