尾竹国観 Otake Kokkan

明治13年(1880)〜昭和20年(1945)

新潟市に生まれる。本名、亀吉。長兄の越堂、次兄竹坡も日本画家、挿絵画家。はじめ高橋太華、のち小堀鞆音について歴史画を学ぶ。15歳のとき富山博覧会で褒状を受ける。明治42年(1909)、第3回文展に《油断》を出品し二等賞。明治44年(1911)、第5回文展に《人真似》を出品し三等賞。日本絵画協会展、初期日本美術院展、内国勧業博覧会などで受賞を重ねる。

尾竹国観 風神雷神
風神雷神

画像をクリックしてください