須田国太郎 Suda Kunitarou

京都市に生まれる。第三高等学校在学中より独学で油彩画を始める。京都帝大で美学美術史を専攻、大学院に進み、絵画の技法論を学ぶ。大正8年(1919)、退学し渡欧。マドリードを中心に各地を旅し、西欧の伝統的油彩画の技法を研鑽する。大正12年(1923)、帰国。和歌山高等商業学校、京都帝国大学の講師となり、ギリシャ彫刻史やバロック絵画を講ずるなか制作を続け、日本的なモティーフを暗く濃厚な色彩と重厚なマティエールで描き、日本洋画のなかに独自な画風を打ち立てた。昭和25年(1950)から昭和35年(1960)まで京都市立美術大学教授を務め、『近代絵画とレアリスム』など多数の著作がある。

須田国太郎 鶴

画像をクリックしてください