バーナード・リーチ Bernard Howell Leach

香港に生まれる。父は植民地香港の判事を務めていた。生後間もなく母と死別し、京都在住の祖父のもとに引取られる。明治23年(1890)、香港に戻り、明治30年(1897)、イギリスに帰国。ロンドンのスレート美術学校でエッチングを学ぶ。この頃、イギリスの詩人・画家ウィリアム・ブレイクに傾倒。後の柳宗悦との交流はブレイク研究を通じて深まることになる。明治42年(1909)、再来日。上野桜木町に居を構え、エッチングを指導を通じ、柳宗悦ら白樺派の人々と親交を持つ。明治44年(1911)、六代目尾形乾山に富本憲吉とともに入門。大正5年(1916)、千葉県我孫子の柳邸内に窯を築く。大正9年(1920)、浜田庄司を伴って帰国、コーンウォール州セント・アイヴスに日本風の登窯を築く。昭和15年(1940)、『A Potter's Book』(陶工の書)刊行。

バーナード・リーチ 海鳥
海鳥
バーナード・リーチ 陶板
陶板

画像をクリックしてください