日下部鳴鶴 Kusakabe Meikaku

天保9年(1838)〜大正11年(1922)

滋賀県生。名は東作、字を子暘、別号に野鶴・鶴叟等。初め巻菱湖、貫名菘翁の書風を学ぶ。明治13年、中国(清国)公使の随員として来日した楊守敬に入門。楊守敬帰朝後、中国に渡航し、書家、文人と交遊。呉昌碩、呉大澂、楊見山らと親交を結ぶ。 近代を代表する書家。

日下部鳴鶴 六曲一双屏風
六曲一双屏風
日下部鳴鶴 詩書 双幅
詩書 双幅

画像をクリックしてください