田中木叉 Tanaka Mokusha

明治17年(1884)〜昭和49年(1974)

山崎弁栄の高弟。長崎県南松浦郡新魚目町の浄福寺田中光道の長男として生まれる。本名、徹。東京大学で英文学と哲学を学び首席で卒業する。慶応大学で教鞭をとる。昭和27年(1952)、東京都練馬区豊玉北に光明園開設、初代園首となる。明治43年(1910)、東京都文京区小石川の伝通院にて伝宗伝戒。大正7年(1918)、山崎弁栄に初対面、山崎弁栄の血脈を受け継ぎ、光明主義の布教にその生涯を捧げた。著書に『日本の光−弁栄上人伝』、『弁栄聖者光明体系(全8巻)』、『弁栄聖者 御慈悲のたより』 など。

田中木叉 無量寿光
無量寿光

画像をクリックしてください