中村直人 Nakamura Naondo

明治38年(1905)〜昭和56年(1981)

長野県上田市(小県郡神川村黒坪)に生まれる。大正9年(1910)15歳、彫刻家を志し上京、山本鼎の紹介で日本美術院同人吉田白嶺の内弟子とる。大正15年(1926)、日本美術院に木彫「清韻」初入選。以降、再興院展において、新進気鋭の彫刻家として脚光を浴び、昭和13年(1938)、文展彫刻部審査員となる。後年は、絵画に転向し、パリ留学後、主に二科展で活躍した。

中村直人 芭蕉
芭蕉

画像をクリックしてください