本居大平 Motoori Ohira(Oohira)

宝暦4年(1756)〜天保4年(1833)

豆腐屋を営む稲掛棟隆の長男として伊勢松阪に生まれる。幼名、常松、のち茂穂、大平と改名。父棟隆は本居宣長の門人。13歳の時、宣長の門人となる。44歳のとき宣長の養子となり、享和元年、宣長没後、家督を相続し、宣長の長男、盲目の本居春庭を助け本居国学の普及と門人育成に努めた。文化6年、和歌山に移住、藩主の信任は厚く、古典を進講したほか、『紀伊続風土記』の編纂する。

本居大平 和歌懐紙
和歌懐紙
本居大平 八月十五日夜
八月十五日夜

画像をクリックしてください