金子鴎亭 Kaneko Otei

明治39年(1906)〜平成13年(2001)

松前郡雨垂石村(北海道松前町静浦)で生れる。本名、賢蔵。大正13年(1924)、川谷尚亭の甲子書道会に入門。昭和7年(1932)、比田井天来より上京して書を学ぶことを勧められ上京。本所高等小学校で教鞭をとる傍ら天来の書学院にて書の研究に励む。昭和8年(1933)、上田桑鳩の書道芸術社に参加。雑誌『書之研究』に「新調和体」論を発表し、近代詩を書にする近代詩文書運動を起こす。昭和39年(1964)、創玄書道会を設立。昭和41年(1966)、代表作『丘壑寄懐抱』により日展文部大臣賞。昭和42年(1967)、日本芸術院賞。昭和62年(1987)、文化功労者。平成2年(1990)、文化勲章受章。書家。

金子鴎亭 峯入翠雲多
峯入翠雲多
金子鴎亭 蘭

画像をクリックしてください