千利休 Senno Rikyu

大永2年(1522)〜天正19年(1591)

堺の裕福な町衆、魚屋(ととや)に生まれる。名、与四郎。号、宗易。早くから茶の湯に親しみ、北向道陳、武野紹鴎に師事。草庵風の茶室を完成し、朝鮮の茶碗や日常雑器を茶道具に取り入れるなど侘数奇の茶道を大成。織田信長、豊臣秀吉の茶頭として仕え、天下一の茶匠として権勢を振るうが、小田原の役後、秀吉の逆鱗にふれ自刃する。

千利休 書状
書状

画像をクリックしてください