高階瓏仙 Takashina Rousen

明治9年(1876)〜昭和42年(1967)

福岡の人。15歳で永泉寺高階黙仙に就いて得度。明治34年(1901)、曹洞宗大学林卒業。同年、可睡斎の日置黙仙に参禅。明治42年(1909)、曹洞宗大学教授就任。大正4年(1915)、福岡市安国寺住職となり教授を退く。昭和16年(1941)、総持寺独住12世貫首、同年、永平寺71世貫首として晋住。昭和19年(1944)、宗制により曹洞宗管長に就任。著作に「禅の要諦」「般若心経講義」など。

高階瓏仙 福聚海無量
福聚海無量

画像をクリックしてください