梅原龍三郎 Umehara Ryuzaburo(Umehara Ryuuzaburou)

明治21年(1888)〜昭和61年(1986)

京都市下京区に生まれる。 15歳で浅井忠に画を学び、明治41年(1908)、20歳の時、渡仏。ルノワールに師事する。13年後帰国し、二科会、春陽会、国画会などの創設に参加する。昭和27年(1952)文化勲章受賞。同61年(1986)死去。享年97歳。

中国服の女
中国服の女

画像をクリックしてください