酒井三良 Sakai Sanryou

明治30年(1897)〜昭和44年(1969)

福島県大沼郡三島町に生まれる。本名、三良(さぶろう)。はじめ同郷の画家坂内青嵐に師事。大正8年、第2回国画創作協会展初入選。大正10年、小川芋銭に出会う。同年、芋銭の勧めで再興第8回院展に《災神を焼く残雪の夜》を出品し初入選、日本美術院院友となる。昭和21年、横山大観の勧めで茨城県五浦の大観別荘に移り、昭和29年、東京都杉並久我山に転居するまで暮らす。昭和33年、日本美術院評議員。自然に包まれながら生きる人々を素朴な筆致で詩情豊かに描いた画風で知られる。

酒井三良 朝寒 酒井三良 おもだか
朝寒おもだか

画像をクリックしてください