岩田専太郎 Iwata Sentarou

明治34年(1901)〜昭和49年(1974)

東京浅草に生まれる。水野年方の門人右田年英に師事。のち菊池契月、伊藤深水に師事する。大正8年(1919)、「講談雑誌」の挿絵を担当。大正12年(1923)、関東大震災で大阪に移り、出版元プラント社の専属画家として、永井荷風、谷崎潤一郎の挿絵などで注目される。大正13年(1924)、吉川英治「鳴門秘帖」、大佛次郎「赤穂浪士」の新聞連載小説挿絵で一躍人気画家となる。昭和39年(1964)、第3回菊池寛賞。昭和を代表する挿絵画家、風俗画家。

岩田専太郎4

画像をクリックしてください