宇野雪村 Uno Sesson

明治45年(1912)〜平成7年(1995)

兵庫県美方郡新温泉町二日市に生まれる。本名、武夫。別号、立侯。昭和7年(1932)御影師範学校卒業後、神戸で上田桑鳩に出会い師事。昭和15年(1940)東京に出て上田桑鳩らと「奎星会」を結成。昭和24年(1949)、日展で特選受賞。昭和29年(1954)、日展審査員。昭和31年(1956)日展を脱退。昭和58年(1983)、「宇野雪村書業展」(東京三越)開催。同年、中国北京において「日本宇野雪村法展」開催。昭和59年(1984)、毎日芸術賞。大東文化大学教授。「墨象」を追求した、戦後を代表する前衛書家の一人。

宇野雪村 詩書双幅
詩書双幅
宇野雪村 意

画像をクリックしてください