ホーム Web書画ミュージアム 国学折口信夫(釈迢空)

折口信夫(釈迢空) Orikuchi Shinobu

明治20年(1887)〜昭和28年(1953)

国文学者、民俗学者、歌人、詩人。
大阪府西成郡木津村(大阪市浪速区)に生まれる。明治38年(1905)、国学院大学に入学、国学者三矢重松の指導を受ける。国学院大学卒業後、大阪の今宮中学の教員となるが、柳田國男を知り、2年余で辞して上京、国文学の研究と短歌の創作に情熱を注ぐ。大正8年(1919)、国学院大学講師となり、のち教授として終生国学院の教職に就きながら、民俗学、国文学の研究に尽くし、その成果は「折口学」と称される。

折口信夫(釈迢空) 和歌 伽羅
和歌 伽羅
折口信夫(釈迢空) 和歌
和歌
折口信夫(釈迢空) 和歌
和歌

画像をクリックしてください