伊東深水 Ito Shinsui(Itou Shinsui)

明治31年(1898)〜 昭和47年(1972)

東京深川に生まれる。本名一。明治40年(1907)、父の家業の失敗により小学校を3年で中退。明治41年(1908)、東京印刷活版部の職工となる。明治44年(1911)、同社の意匠部への配属が契機となり鏑木清方に師事する。明治45年、第12回巽画会展に『のどか』初入選、大正2年(1913)、同展で『無花果』1等褒状、大正4年(1915)、第9回文展に『十六の女』が初入選 など早くから頭角を現す。その後、挿絵や版画に取り組み、版元渡辺庄三郎の新版画運動に参加 。大正11年(1922)、東京府主催平和記念東京博覧会で『指』2等銀賞となり、以後美人画の巨匠としての地位を確立していく。昭和33年(1958)、日本芸術院会員。

伊東深水 残雪
残雪
伊東深水 亀屋忠兵衛
亀屋忠兵衛
伊東深水 美人
美人
伊東深水 初夏の汀
初夏の汀
伊東深水 蛍
伊東深水 白梅図
白梅図
伊東深水 千代春
千代春
伊東深水 京人形
京人形

画像をクリックしてください