渡部審也 watanabe shinya

明治8年(1875)〜昭和25年(1950)

岐阜県大垣市室町に大垣藩士渡部弘の三男として生まれる。父弘は廃藩後は絵画制作に専念、実兄、金秋も又洋画家を志す。明治23年、宮本三平に就いて研修していた兄金秋を頼り上京。金秋から洋画を学ぶ。明治27年、当時、国粋主義思想の強い状況の下、洋画排斥の動きに反し、浅井忠、松岡寿らによって結成された明治美術会教場に創設時に入学、約2年間、浅井から西洋画の基礎を学ぶ。明治31年、第十回明治美術会に「猿曳」を出品し世に認められる。同年、浅井が明治美術会教場の閉鎖と同時に東京美術学校の教授に就くと、卒業後も自由研究生として同教場に残っていた審也も浅井の助手として入校する。明治33年、結城素明の後任として中央新聞に入社。同年、パリ万国博に「魚婦」出品。明治34年、太平洋画会創立に参加。明治36年、浅井の義姪高橋貞子と結婚。翌年4月、中央新聞を退社し、5月、時事新報社に入社。(西洋挿画を開拓)明治37年、兄金秋没。長男弘一生まれる。明治42年、太平洋画会研究所評議員、同44年、太平洋画会幹部になる。水彩画「別府海地獄」宮内庁買い上げ。大正元年、次女元子が生まれる。大正5年、時事新報社を退社。昭和2年、文部省台湾総督府の嘱託として教科書の挿画を描く。洋画家。

渡部審也4
秋晴

画像をクリックしてください