野口小蘋 Noguchi Shouhin

弘化4 (1847)〜大正6 年(1917 )

大阪難波に生まれる。漢方医松邨春岱の長女。名、親(ちか)。10代の終わり頃京都に出て日根對山に師事。明治10年(1877)、甲府の酒造業野口家へ嫁ぐ。明治15年(1882)、夫の事業の失敗により東京へ転居。同年、第一回内国絵画共進会、明治17年(1884)、第二回内国絵画共進会でともに褒状。明治22年(1889)、華族女学校畫学嘱託教授となる。明治37年(1904)、女性で初めて帝室技芸員となる。奥原晴湖とともに女流南画家の双璧といわれた。

野口小蘋 観月図
観月図
野口小蘋 幽澗棲禽図
幽澗棲禽図
野口小蘋 不老長春平安如意図
不老長春平安如意図

画像をクリックしてください