大智勝観 Ochi Shoukan

明治15年(1882)〜昭和33年(1958)

愛媛県今治市に生まれる。本名、恒一。明治35年(1902)、東京美術学校日本画科を卒業。日露戦争に歩兵少尉として従軍。大正2年(1913)、第7回文展で「雨の後」が三等受賞。大正3年(1914)、日本美術院再興に参加。第1回展に「聴雨」を出品し同人となる。昭和5年(1930)、ローマ日本美術展に横山大観、速水御舟等とともに参加。戦後は日展参事を務める。

大智勝観 山水図
山水図

画像をクリックしてください