玉舎春輝 Tamaya Shunki

明治13年(1880)〜昭和23年(1948)

岐阜県大野郡清見村下切(現在の高山市上枝町)に生まれる。幼年、吉城郡古川村(現在の飛騨市)の玉舎家の養子となる。明治32年、京都に出て原在泉に入門、後、山本春挙門下となる。明治42年、第3回文展に初入選。以後、文展を舞台に活躍するが、大正8年、文展が廃され帝国美術院が設置されると日本自由画壇の創立に参加する。以後官展を離れ自由画壇に発表の場を移す。昭和14年、川北霞峰、上田萬秋らと橙青社を結成する。

玉舎春輝 観音
観音

画像をクリックしてください