白山春邦 Shirayama Syunpou

明治19年(1866)〜昭和36年(1961)

明治39年(1906)に帝室技芸員に任命され、東京美術学校漆芸科教授を務めた白山松哉の子。橋本雅邦に師事。日本画家として活躍。北原白秋『きょろろ鴬』の装丁を行う。

白山春邦 北原白秋 雛

画像をクリックしてください