池上秀畝 Ikegami Shuho(Ikegami Shuuho)

明治7年(1874)〜昭和19年(1944)

長野県高遠町に生まれる。本名、国三郎。父、秀華は四条派の画家。荒木寛畝に学ぶ。明治41年、文展に初入選。第11回、12回の文展で連続特選。伝神洞画塾を主宰し多くの門人を育てる。信州を代表する日本画家。

池上秀畝 群蝶と虫図 池上秀畝 鶺鴒
群蝶と虫図鶺鴒
池上秀畝 対侯之図
対侯之図

画像をクリックしてください