山川秀峰 Yamakawa Shuho(Yamakawa Shuuhou)

明治31年(1898)〜昭和19年(1944)

京都に生まれる。本名、嘉雄。はじめ池上秀畝に花鳥画を学び、のち鏑木清方に師事する。大正8年、第1回帝展に初入選。昭和3年、第9回帝展、昭和5年、第11回帝展で特選。昭和7年、第13回帝展出品作「序の舞」が評判となる。伊東深水、寺島紫明と共に、清方門下三羽烏と呼ばれた。昭和14年、伊東深水らと青衿会を設立。日本画家。

山川秀峰 秋趣
秋趣
山川秀峰 枕獅子
枕獅子
山川秀峰 鷺娘
鷺娘

画像をクリックしてください