水原秋櫻子 Mizuhara Shuoshi(Shuuoushi)

明治25年(1892)〜昭和56(1981)

本名、水原豊。東京神田に生まれる。東大俳句会、阿波野青畝、高野素十、山口誓子と共に四Sと呼ばれ、「ホトトギス」の黄金時代を築く。山口誓子と共に俳句表現の革新をめざし、昭和6年、「馬酔木」に「自然の真と文芸上の真」を掲載し、「ホトトギス」を離れる。
石田波郷、加藤楸邨、高屋窓秋などを育てた。句集に「葛飾」「新樹」「残鐘」など。著書に「現代俳句論」「喜雨亭談」など。

水原秋櫻子
俳句 穂高岳〜

画像をクリックしてください