田崎草雲 Tasaki Souun

文化12年(1815)〜明治31年(1898)

江戸神田小川町足利藩邸内に生まれる。名、芸。諱、明義。字、崇徳。通称、恒太郎。幼年より親戚の金井烏洲に画を習い、20歳のときに藩士を辞し谷文晁に入門する。嘉永6年(1853)、足利藩の御用絵師となる。幕末期は、練武館の建設、誠心隊を組織し国事に奔走した。明治11年(1878)、蓮岱寺山(現足利公園内)に白石山房を建てる。明治23年(1890)、帝室技芸員となる。

田崎草雲 花鳥図
花鳥図

画像をクリックしてください