鶴田卓池 Tsuruta Takuchi

1768〜1846

岡崎菅生(岡崎市)に生まれる。紺屋を業とするかたわら俳諧に打ち込み、三河俳諧の中心リーダーとなる。その俳諧は松尾芭蕉の流れを汲むもので、多くの支持者を得て三河をはじめ、遠州・駿州にも多くの門人を擁し全国的にも名声を馳せ、天保俳壇の四老人の一人に数えられる。弘化三年に没。

鶴田卓池
春日画賛

画像をクリックしてください