北川民次 Kitagawa Tamiji

明治27年(1894) 〜平成元年(1989)

静岡県榛原郡五和村牛尾(島田市)の地主の家に生まれる。大正3年(1914)、早稲田大学予科をに中退し、オレゴン州在住の兄を頼って渡米。ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグの夜学に学ぶ。ジョン・スローンに師事。学友に国吉康雄がいる。大正10年(1921)、メキシコに渡り、シケイロス、リベラ等と交友。革命後のメキシコで美術を民衆のものにすることをめざした野外美術学校の運動に参加し、児童美術教育の実践に取り組む。昭和6年(1931)、野外美術学校をタスコに移し校長となる。昭和11年(1936)、帰国、翌年の第29回二科展に『タスコの祭』ほかを出品し、会員に推挙される。昭和18年(1943)より瀬戸に移住。街で働く労働者やその家族を人間愛豊かに表現した。昭和27年(1952)、第5回中日文化賞を受賞。昭和53年(1879)、二科会長となるも同二科会を退会、以後、悠々自適の生活を送り、瀬戸で歿した。

北川民次 女

画像をクリックしてください