邨田丹陵 Murata Tanryou

明治5年(1872)〜昭和15年(1940)

本名、(タダシ)。父は田安家の臣で有職家村田直景。母の生家を継ぎ邨田姓となる。明治16年(1883)、土佐派の川辺御楯に入門。明治24年(1891)、岡倉天心を盟主とする日本青年絵画協会の創立に参加。明治28年(1895)、第4回内国勧業博覧会で『富士牧狩図』妙技3等賞受賞、宮内省買上となる。昭和10年(1935)、明治神宮聖徳記念絵画館の壁画「大政奉還図」を制作。

邨田丹陵 主将(武者絵)
主将(武者絵)

画像をクリックしてください