中村貞以 Nakamura Teii

明治33年(1900)〜昭和57年(1982)

大阪船場に生まれる。本名、清貞。明治42年、9歳の時から2年間ほど、浮世絵画家二世長谷川貞信について絵を習う。大正8年、18歳で美人画の北野恒富に師事。大正11年、大阪における若手の登竜門とされた大阪美術展で第一席に入選。翌大正12年、第9回日本美術院試作展に初入選。同年、横山大観と対面し生涯心の師とした。昭和7年、第19回院展で日本美術院賞。昭和9年、画塾春泥会創立。昭和11年、日本美術院同人推挙。昭和23年、日展審査員。昭和41年、日本芸術院賞。幼年時に両手に火傷を負い、指の自由を失う。絵の制作は両手で筆を挟んで描く合掌描で行われた。近代日本の代表的美人画家の一人。

中村貞以4
ほたる
中村貞以 追羽子
追羽子

画像をクリックしてください