宇田荻邨 Uda Tekison

明治29年(1896)〜昭和55年(1980)

三重県松阪市魚町に生まれる。本名善次郎。少年の頃より非凡な才能を発揮し、はじめ、中村左州に学ぶ。大正2年(1913)、京都に出て菊地芳文に入門。翌大正3年、京都市立絵画専門学校(現在の京都市立芸術大学)別科に入学。土田麦僊、小野竹喬、村上華岳ら同期生と共に研究グループ「密栗会」に参加。、大正8年(1919)、第1回帝展で「夜の一力」初入選。大正14年(1925)、第6回帝展で「山村」特選、翌年の第7回帝展では「淀の水車」で特選並びに帝国美術院賞を受賞、その翌年の「渓間」が宮内省買上げとなり、荻邨は帝展日本画界のスター的存在となる。

宇田荻邨 芙蓉
芙蓉
宇田荻邨 春雪
春雪
宇田荻邨 白梅
白梅
宇田荻邨 山桜
山桜

画像をクリックしてください