中村天風 Nakamura Tenpu(Nakamura Tenpuu)

明治9年(1876)〜昭和43年(1968)

東京に生まれる。本名、中村三郎。父、中村祐興は大蔵省初代抄紙局長で、旧柳川藩士。 東京で幼年時代を過ごした後、福岡市の親戚の家に預けられ修猷館(修猷館高校)に入学するが、喧嘩によって相手を刺殺、正当防衛は認められたが修猷館を退学となり、親族の男爵前田正名氏の紹介で頭山満の玄洋社に預けられる。以後、陸軍の軍事探偵として満州を暗躍、「人斬り天風」と呼ばれた。日露戦争後30歳にして、奔馬性結核を発病。治療法を求めアメリカ、欧州へ赴き、明治44年(1911)、日本への帰国の途中、カイロにてインドのヨガの聖者カリアッパ師と邂逅。弟子入りしヒマラヤ第3の高峰カンチェンジュンガ山麓で2年半のヨガ修行を行い全快する。帰国後は東京実業貯蔵銀行頭取など実業界で活躍するが、大正8年(1919)、一切の社会的身分、財産を処分し「統一哲医学会」を創設。インドでのヨガ体験をもとに、本来自然物である人間は、自然環境、エコロジーに内在する「真・善・美」の調和を追求し、そのプロセスを活き方の指針とすることにより、人間本来の命の力、エネルギー、潜在能力を発揮することができるという独自の「心身統一法」を提唱する。昭和15年(1940)、「統一哲医学会」を「天風会」に改称し、昭和37年(1962)、「財団法人天風会」となる。門下に東郷平八郎、原敬、松下幸之助、稲盛和夫など多くの著名人がいる。

中村天風 修道象楽
修道象楽
中村天風 敬
中村天風 天風訓(人間本質自覚の誦句)
天風訓(人間本質自覚の誦句)
中村天風 蘭図
蘭図
中村天風 達磨図
達磨図
中村天風 本然即応
本然即応
中村天風 山水図
山水図
中村天風 有隣
有隣
中村天風 悟
中村天風 正
中村天風 詩書
詩書
中村天風 龍上観音
龍上観音
中村天風 詩書
詩書
中村天風 富士画賛
富士画賛
中村天風 遊鯉図
遊鯉図
中村天風 蘭図
蘭図
中村天風 三勿三行
三勿三行
中村天風 勿慢
勿慢
中村天風 弗為胡成
弗為胡成
中村天風 達磨
達磨
中村天風 泰然自若
泰然自若
中村天風 調和
調和
中村天風 富士
富士
中村天風 富士
富士
中村天風 蘭
中村天風 道在爾
道在爾
中村天風 一行書
一行書
中村天風 富士
富士
中村天風 刻字詩書(対)
刻字詩書(対)

画像をクリックしてください