勝田哲 Katsuta Tetsu

明治29年〜昭和55年(1896〜1980)

京都市出身。本名哲三(てつぞう)。東京美術学校西洋画科を卒業後、日本画に転向。京都市立絵画専門学校予科に入学。山元春挙の主催する画塾早苗会に入る。大正15年第7回帝展に初入選。 第10回、第12回帝展で特選。昭和11年より京都市立美術工芸学校で指導にあたり、加山又造らを輩出した。昭和35年、初の日展審査員に、翌年会員となる。昭和55年京都市文化功労者に選ばれた。

勝田哲1
桔梗
勝田哲2
春簾
勝田哲 美人図
美人図
勝田哲 羽子板
羽子板
勝田哲 美人四季四題 祇園の春、炉手前、夕べ、雪の日
美人四季四題 祇園の春、炉手前、夕べ、雪の日
勝田哲 娘道成寺
娘道成寺

画像をクリックしてください