祖門鐵翁 somon tetsuou

寛政2年(1790)〜明治4年(1871)

長崎春徳寺の僧。俗姓、日高。画を石崎融思、清人江稼圃に学ぶ。貫名海屋、日根對山、前田暢堂、安田老山など教えを請うもの多く、木下逸雲、三浦梧門とともに長崎三大家と称される。

祖門鐵翁
山水図

画像をクリックしてください