山内得立 Yamauchi Tokuryu(Yamauchi Tokuryuu)

明治23年(1890)〜昭和57年(1982)

奈良県大和高田市に生まれる。生家は善教寺。旧姓、中川。明治44年(1911)、京都帝国大学文科大学哲学科入学、西田幾多郎に師事。大正3年(1914)、同学卒業。大正6年(1917)、京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)教授。大正7年(1918)、山内家に入籍。大正9年(1920)、フライブルク大学(ドイツ)に留学しエトムント・フッサールに師事。大正10年(1921)、東京商科大学(現一橋大学)助教授。大正14(1925)年、同学教授。昭和4年(1929)、京都帝国大学文学部講師。昭和6年(1931)、同学教授。昭和28年(1953)、京都学芸大学(現京都教育大学)学長。京都大学名誉教授。昭和36年(1961)、龍谷大学教授。昭和49年(1974)、文化功労者。主著に、『随眠の哲学』、『ロゴスとレンマ』、『現象学序説』など。

山内得立
閑古

画像をクリックしてください