小堀鞆音 Kobori Tomoto

文久4年(1864)〜昭和6年(1931)

下野国安蘇郡旗川村字小中(栃木県佐野市)に生まれる。本名桂三郎。はじめ、父須藤晏斎や長兄桂雲に絵の手ほどきを受ける。21歳で上京し、川崎千虎に入門。明治30年(1897)、「武士」で歴史画の第一人者としての地位を確立する。明治30年(1897)、東京美術学校助教授になるが、翌年、校長岡倉天心とともに辞職、日本美術院創立に加わる。明治41年(1908)、東京美術学校の教授に復帰。大正6年(1917)、帝室技芸員。

小堀鞆音 定家郷佐野渡歌意
定家郷佐野渡歌意

画像をクリックしてください