森田恒友 Morita Tsunetomo

明治14年(1881)〜昭和8年(1933)

埼玉県熊谷に生まれる。号、平野人。小山正太郎の不同舎に学ぶ。明治39年、東京美術学校卒業。明治40年、山本鼎、石井柏亭らと美術誌「方寸」を創刊。第一回文展に出品。大正3年に渡欧し、セザンヌの影響を強く受、翌年帰国。大正4年、二科会会員。翌5年、日本美術院洋画部の同人となったが、翌6年両会とも脱会。大正11年、春陽会を設立。始め洋画家を目指すが、渡欧を機に日本の自然に回帰し、水墨画の世界に転じて平野の詩人と称された。

森田恒友 漁舟
漁舟

画像をクリックしてください