垣内雲嶙 Kaito Unrin

弘化2年(1845)〜大正8年(1919)

飛騨国高山に生まれる。名は徴。別号に錦嶺、右竹斎。画家垣内右嶙の長子。初め父に絵を習うが、慶応3年(1867)頃、京に上り塩川文麟に入門する。明治15年(1882)、内国絵画共進会で褒状を受賞。明治17年(1884)、京都府画学校で教鞭をとる。明治24年(1891)、父の死去に伴い、金沢に移り父の画塾を受け継ぐ。明治34年(1901)、東京に移り、日本美術協会の委員として中央画壇で活躍する。

垣内雲嶙 遠山秋雨
遠山秋雨

画像をクリックしてください