西條八十 Saijo Yaso

明治25年(1892)〜昭和45年(1970)

牛込区(現在の新宿区)払方町に生まれる。早稲田大学文学部英文科卒業。在学中より、『早稲田文学』に作品を発表。日夏耿之介らと同人誌『聖盃』を刊行。三木露風主宰『未来』に同人として参加する。大正8年(1919)、第一詩集『砂金』を刊行。象徴詩人としての地位を確立する。また、鈴木三重吉主宰の『赤い鳥』に『金糸鳥かなりあ』『肩たたき』など童謡作品を多数発表。歌謡曲の作詞家としても『東京行進曲』『青い山脈』『王将』など多くのヒット曲を残す。昭和37年(1962)、日本芸術院会員。

西條八十 和歌
和歌

画像をクリックしてください