徳川慶勝 Tokugawa Yoshikatsu

文政7年(1824)〜明治16年(1883)

江戸に生れる。美濃高須藩主松平義建の二男。初名は義恕。字、君恪。号は初め、盛斎、後、月堂。嘉永2年(1849)、尾張藩十四代藩主になる。反井伊の尊皇攘夷派で、安政の大獄で隠居謹慎となり、異母弟の茂徳に藩主の座を譲るが、井伊暗殺後、復権し、子の義宣を十六代藩主に据えて藩政の実権を握った。藩内佐幕派を一掃(青松葉事件)し、倒幕の一端を担う。明治3年名古屋藩知事。

徳川慶勝 一行書
一行書
徳川慶勝 菊図
菊図
徳川慶勝 一行書 楽志一家春
楽志一家春
徳川慶勝 獨楽
獨楽
徳川慶勝 名月雁画賛
名月雁画賛
徳川慶勝 永寿
永寿
徳川慶勝 楽天
楽天

画像をクリックしてください