日本人の持つ美意識の結晶ともいうべき掛け軸。日本人の創造した優れた美術の多くは、掛け軸という表現様式に託され、さらにその輝きをまして、今を生きる私たちに感動と喜びを与えてくれます。また、それは、故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知ることでもあります。長良川画廊は、近世、近代書画専門の画廊として、日本の貴重な文化遺産である掛け軸を中心に、選りすぐりの作品をご紹介をするとともに、鑑定、評価、買い取りなどのご相談にもお答えしております。

《わたしたちが失いつつあるもの》

日本人に受け継がれてきた『学びのこころ』

日本に最初の中央集権国家が生まれる飛鳥・奈良時代以降、外来文化である仏教と儒教は、日本の学問の中心となり、日本人の精神的規範となって日本の文化に深く浸透していきます。また、一方には、遙か神々の時代より、自然の営みに寄り添い、自然に溶け込んで生きる、日本人固有の自然観、死生観があります。日本の豊かで多彩な優れた文芸はそうした歴史的背景、精神風土の下で育まれてきました。また、そこには、学芸を尊び、「学びのこころ」を大切にした古き日本人の姿があります。

『学びのこころ』にふれる今月の一点

西郷隆盛
詩書「感懐」「奉寄」

西郷隆盛 1 西郷隆盛 2

 「西郷隆盛とは何者か。私は知らぬ。知ってゐることは、たゞ、この巨眼巨軀の人物が、東洋的性格の典型であり、もっとも日本人らしい日本人であるといふ世の定説のみである。」(『西郷隆盛』徳間書店)とは、林房雄の言葉である。
 「明治維新を成し遂げた第一の功労者」でありながら、日本最後の内戦西南戦争を賊軍の大将として戦い征討され自刃した西郷隆盛。史学者は、征韓論の真意を探り、西郷隆盛が近代史にどのような役割を果たしたかを位置づけようとするであろう。しかし、釈迦を実在の人物として捉えることと同じく、いくら史実に眼を凝らしても、西郷隆盛を「わかった」ということにはならない。
 三島由紀夫は『銅像との対話―西郷隆盛』(昭和43年/産経新聞)という散文で、「恥ずかしいことですが、実は私は最近まで、あなたがなぜそんなに人気があり、なぜそんなに偉いのか、よくわからなかったのです。(中略)しかし、あなたの心の美しさが、夜明けの光のやうに、私の中ではつきりしてくる時が来ました。」と告白し、次のように結んでいる。
 「三島君。おいどんはそんな偉物(えらぶつ)ではごわせん。人並みの人間でごわす。敬天愛人は凡人の道でごわす。あんたにもそれがわかりかけてきたのではごわせんか?」

『銅像との対話―西郷隆盛』全文はこちらへ »

 西郷隆盛の死を悼む多くの人たちが、夜空に輝く火星を西郷星とよび、西郷どんは星の中にいて生きていると信じた。あるいは信じようとした。また、西郷どんは大陸に渡って生きており、ロシア皇太子を伴って帰ってくるという噂も巷間に流布した。史学者はそれを一笑に付すであろう。しかし、どんな精緻な文献学であっても、それを信じるからこそ成り立つのである。
 私たちが歴史というものを考えるとき、あるいは歴史の精神なるものを考えるとき、それをわかるというには、人間はあまりに小さく、歴史はあまりに大きい。しかし、西郷どんは死しても人のこころに生きている。それも歴史の真実である。と信ずれば、それは歴史というものを作っている一つの真実ではないか。

 この西郷隆盛自筆の詩書「感懐」と「奉寄」は、西郷隆盛が幼い頃からの盟友吉井友実に託した西郷隆盛遺墨の中でも至極の名品である。

作品詳細へ »


江馬細香と頼山陽 ―その愛のかたち― 講師・湯谷祐三(愛知県立大学非常勤講師)

YouTubeにて公開中 »

2021年3月21日に大垣市総合福祉会館5階ホールで行われた「おおがき先賢大学」(主催・ 大垣市奥の細道むすびの地記念館)講演会と同内容の個人録音。

2020年7月10日オープン!長良川画廊 東京ギャラリー

〒106-0032 東京都港区六本木3-6-20
ザ・パークメゾン六本木1F
※日比谷線六本木駅5番出口より4分
tel03-5544-9091
fax03-5544-9092

営業日 1日、 7日、8日、9日、10日、11日、12日、18日、19日、20日、23日、28日、29日、30日、31日
営業時間 16時~19時
(各月共通、年末年始、特別展開催中を除く)
*店主在廊します。鑑定、買取のご相談も即時お受けします。不在の場合がありますので、予め電話、メールでご確認ください。

終了しました

村上肥出夫展

会期 令和3年4月3日(土)~4月15日(木)
午前11時~午後6時
休廊日 4月6(火)、7日(水)

会場 長良川画廊東京ギャラリー

終了しました

太宰治『桃の花』一般公開

長良川画廊東京ギャラリー

令和2年7月10日~7月23日
午前11時~午後6時
期間中無休

終了しました

開廊30周年記念
長良川画廊の現在と未来

長良川画廊東京ギャラリー

令和2年8月9日〜8月23日
午前11時~午後6時 期間中無休
*図録発行

終了しました

山崎弁栄没後100年記念
山崎弁栄と内村鑑三
ー彼らは如何にして神秘の探求者となりし乎 ー

長良川画廊東京ギャラリー

令和2年12月9日〜12月15日
午前11時~午後6時

(一財)山崎弁栄記念館

令和2年12月27日〜令和3年1月3日
午前11時~午後5時

両会場とも期間中無休、入場無料。

※本展覧会図録を発行いたします。
論考 若松英輔
B5判 94ページ定価 1500+税

長良川画廊図録最新6冊ご紹介
弁栄上人の書画美術

弁栄上人の書画美術 定価1,000円+税

近代浄土思想の黎明― 浩々洞とその周辺の人々

近代浄土思想の黎明 ― 浩々洞とその周辺の人々定価1,200円+税

ポストモダニスト久松真一・形なき書の世界

ポストモダニスト 久松真一・形なき書の世界定価800円+税

書展『寸心と大拙』

弁栄上人の書画美術 解題 若松英輔定価1,200円+税

長良川画廊の現在と未来

長良川画廊の現在と未来 定価1,000円+税

山崎弁栄と内村鑑三
ー彼らは如何にして神秘の探求者となりし乎ー

山崎弁栄と内村鑑三ー彼らは如何にして神秘の探求者となりし乎ー 論考 若松英輔定価1,500円+税

送料各200円、お申し込みは長良川画廊 Tel058-263-4322、またはメールで


長良川工房

長良川工房

掛軸・屏風・和額などの表装、修復、染み抜きなどを専門とする表装工房。
長良川画廊直営。

長良川工房
岐阜市泉町16
山本ビル3階

山崎弁栄記念館

山崎弁栄記念館

山崎弁栄記念館
岐阜市泉町16
山本ビル1階

久松記念館

久松記念館

久松記念館
岐阜市
長良福光228-2

久松真一作品鑑定のお知らせ

八白庵

八白庵

蔵ギャラリー
八白庵

岐阜市八代
11-10

抱石の会

抱石の会について

↓項目をクリックしてください。

長良川通信購読申込
新掲載品をいち早くメールでお知らせ
獅子門美濃派俳句資料館
松尾芭蕉の弟子各務支考から始まる俳句結社「美濃派」資料館
特集 久松真一
久松真一の掛け軸、短冊 ご紹介

» 今までの特集はこちらから

雛特集
雛特集
寄稿文集『ふるさとに思う』
ふるさと岐阜への思い
長良川画廊企画展の歩み
今までの企画展紹介 『郷土の先人遺墨展』 他
美術館マンスリー
店主の美術館鑑賞記
店主のブログ『知と愛』
日本の古き文化、日本人の古きこころをエッセンスとして、わたしたちの今、此処(ここ)を綴る

掛け軸、屏風、日本画、洋画などの鑑定と買い取りについて

長良川画廊は、掛け軸、屏風、日本画、洋画などを専門に取り扱う美術商として、芸術家、文学者、思想家、宗教家、学者、政治家など、あらゆる書画の鑑定(無料)と買い取りをいたします。また、日本人作家のみならず、中国人作家、韓国人作家の鑑定(無料)と買い取りもいたしますので、掛け軸、屏風、日本画、洋画などの鑑定と売却は、お気軽に、書画専門、長良川画廊にご相談ください。

TOPへ