山田正平/書 家/掛け軸、絵画の買取 販売 鑑定/長良川画廊

トップページ
書 家
H-116 山田正平

H-116 山田正平Yamada Shohei

 山田正平 1

藤章之印

 山田正平 2

游手藝

 山田正平 3

竹万邨人

 山田正平 3
 山田正平 2 山田正平 2 山田正平 3
 山田正平 3
 山田正平 2
作家名
H-116 山田正平やまだ しょうへい
作品名
石印 三顆
価格
850,000円(税込)
作品詳細
共箱
  印高7.0 ㎝
箱寸法10×9.3×3.0㎝
作家略歴

山田正平
明治32年(1899)~昭和37年(1962)

新潟市古町通り4番町に篆刻家木村竹香の次男に生まれる。号に一止、一止道人、幾盦(幾庵)、更生、更生居、更生道人、邵平など。15歳の時に、會津八一から刻印の依頼を受ける。大正3年(1914)、上京し篆刻家山田寒山の許に寄寓。大正7年(1918)、寒山の長女喜美子と結婚、山田姓となる。大正8年(1919)、河井荃廬に随伴し上海に渡り呉昌碩、徐星州の指導を受ける。またこの頃より、小川芋銭に画を学び、篆刻、書のほかに画にもその才能を発揮する。幼少より會津八一の多大な庇護を受け、志賀直哉、谷崎潤一郎、武者小路実篤、堀口大學、棟方志功、中川一政ら多くの文士、芸術家たちに支持された。晩年は日展審査員や東京学芸大学講師になるなど、後進の育成にも尽力した。

コンディション他

竹万邨人
游手藝
藤章之印