D-604 佐久間象山
Sakuma Shouzan

 佐久間象山 1
 佐久間象山 2
 佐久間象山 1 佐久間象山 2
 佐久間象山 1 佐久間象山 2 佐久間象山 1
 佐久間象山 2
 佐久間象山 2
作家名
D-604 佐久間象山さくま しょうざん
作品名
詩書
価格
御買上げ頂きました
作品詳細
掛け軸 絖本水墨 緞子裂 象牙軸
安岡正篤識箱及び添え状 赤池濃、安岡正篤旧蔵
本紙寸法41.4 ×130
全体寸法(胴幅)56.4×212㎝
作家略歴

佐久間象山
WEB書画ミュージアム 佐久間象山のページへ

安岡正篤
WEB書画ミュージアム 安岡正篤のページへ

コンディション他

不于譽命不避毀   譽命を求めず毀りをさけず
窮達両忘唯得己   窮達ふたつながら忘れて唯己を得たり
布衣業辱 天子知  布衣すでに辱うす天子の知
何論群蝨在褌裏   何ぞ論ぜん群蝨の褌裏に在るを
壷美酒琥珀光    玉壷美酒琥珀の光
傾之意氣更蹶張   之を傾けて意気更に蹶張す
儘從衰羸填溝壑   さもあらばあれ衰羸して溝壑に埋もるるも
高歌直欲排天閶   高歌直に天閶をひらかんとす

 

 甲子春有人送酒一壺 其色甚美味亦極洌 余久不飲酒
  此日破禁飲之 不覚醺然以酔 因作短歌 象山平子明

※群蝨→阮籍(竹林七賢)が小人輩を喩へ罵りたる語

名誉を求めず、毀りを避けず
困窮も栄達も二つながら忘れて、唯己を貫く
平民の私も既に忝くも天子の知を得て
小人が周囲にいて、とやかく言おうと気にする事もない
玉のような美くしい壷に入った琥珀の光り
之を傾けると意気は更にふるいたつ
年老い、痩せてのたれ死にしようと、それが何だ
己の思う所を高らかに歌い、直ぐに天門を開くとしよう

  

甲子の春、さる人から酒一壺を送られた。その色も非常に美しく、味もまた極めて清冽。私は長く飲酒を止めていたが、この日は禁を破り、この美酒を飲む。うかつにも次第に酔ってしまい、そこでこの短歌を作った。

                      

 象山 平子明

※甲子の春は元治元年(1864)、象山はこの年の七月に暗殺された。

舌代
象山先生會心ノ作ノ由、詩書共ニ傑作、
故赤池濃氏(警視総監)秘蔵ノトコロ
事ニヨリテ小生ニ割愛サレマシタ。疎開中、防
空濠デ黴ヲ出シマシタ 匠ニ出シ清装サ
セヨウトシテ ソノマヽ疎開地ニ置ツ放シニナツテ居
リマシタ 急ニ思ヒタチ 酒ヲ愛セラルヽ 而テ象山先
生ト同郷ノ尊大人ニ敬贈致シマス
           節子婦嫁ノ朝
              安岡正篤 拝
  伊藤久壽様  侍生

本紙に若干ヨゴレあり。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

作品紹介

Web
書画ミュージアム

長良川画廊
アーカイブス

過去の掲載作品より随時拡張中

このページのTOPへ