土田麦僊 
Tsuchida Bakusen

土田麦僊 1
土田麦僊 2
土田麦僊 3
土田麦僊 4
土田麦僊 5
土田麦僊 6
土田麦僊 7土田麦僊 6土田麦僊 7
作家名
土田麦僊 つちだ ばくせん
作品名
山村晩秋之図
作品詳細
掛け軸 絹本彩色 本金襴裂 象牙軸
共箱 二重箱入
本紙寸法42.1×118.3cm
全体寸法61.5×208.5cm
註釈

晩秋の山深い山村を描いたものであっても、同時代、同じように小野竹喬、今村紫紅が試みたように、ゴーギャンやセザンヌやモネの影響を受け、牧歌的で、明快な構図、明るい光線への意識は、四条派の写実的な日本画から、日本画の革新へ向かおうとする萌芽を感じさせるのではないでしょうか。

美学者中井宗太郎から西洋絵画の講義を受け、竹内栖鳳が西欧から持ち帰ったゴーギャンの画集に触れ、同じ年、文芸雑誌『白樺』が刊行されるという明治43年(1910)9月、京都市立絵画専門学校在学中の23歳の作品。