H-050 宮島詠士
Miyajima Eishi

宮島詠士 1
宮島詠士 2
宮島詠士 3
宮島詠士 4
宮島詠士 5
作家名
H-050 宮島詠士 みやじま えいし
作品名
詩書
価格
180.000円(税込)
作品詳細
扁額 紙本水墨 段ボール差し箱
本紙寸法32.5×131
額寸法47.3×154.8 p
作家略歴

宮島詠士
Web書画ミュージアム宮島詠士の作家略歴へ

コンディション他

獨坐幽篁裡  独(ひとり)坐す 幽篁(ゆうこう)の裏(うち)
彈琴復長嘯 琴を弾じて 復(また)長嘯(ちょうしょう)す
深林人不知 深林 人知らず
明月來相照 明月来たりて相い照らす

(王維・竹里館)

清浅白石灘  清浅(せいせん)なり 白石の灘
緑蒲向堪把  緑蒲は把(と)るに堪うるに向かえり
家住水東西  家は住す 水の東西
浣紗明月下  紗を浣らう 明月の下

(王維・白石灘)

山中相送罷  山中相ひ送ること罷(や)みて
日暮掩柴扉 日暮柴扉(けいひ)を掩(と)づ
春草明年 春草明年高ネるも
王孫歸不歸 王孫歸るや歸らずや

(王維・送別)

本紙に多少傷みあり。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み