H-077 中林梧竹
Nakabayashi Gochiku

 中林梧竹 1
 中林梧竹 3
 中林梧竹 4
 中林梧竹 5
作家名
H-077 中林梧竹 なかばやし ごちく
作品名
詩書
価格
55,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 合箱
  本紙寸法12.7 ×52.7
全体寸法20.8(胴幅)×134.2㎝
作家略歴

中林梧竹
WEB書画ミュージアム 中林梧竹のページへ

コンディション他

開軒南嶽下 軒を開く南嶽の下
世事未曽聞 世事未だ曽て聞かず
落葉常疑雨 落葉は常に雨かと疑い
方池半是雲 方池は半ば是れ雲
偶尋騎鴨侶 偶々尋ねて鴨の夫婦を□し
來此看鴻群 此へ来て鴻の群れを看る
一夜潺々裏 一夜潺々の裏
秋光得細分 秋光細分を得るbr /> 書于寒河江客舎悟竹

新しく南嶽の下に家を築くbr /> ここでは俗世間の雑事を聞くこともない
落葉の音がいつも雨のように聞こえ
四角の池は雲が浮かんでいるよう
池畔に寄れば番の鴨を
此へ来て鴻の群れを見る
夜はさらさらと水の流れる音がして
水面には秋の月光が煌いている

寒河江の旅宿で書す  悟竹

本紙に若干ヨゴレあり。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

このページのTOPへ