岡田半江
Okada Hankou

 岡田半江 1
 岡田半江 2
 岡田半江 3
 岡田半江 4 岡田半江 1
 岡田半江 2
 岡田半江 3
 岡田半江 4 岡田半江 1 岡田半江 2 岡田半江 3
 岡田半江 4 岡田半江 4
作家名
岡田半江 おかだ はんこう
作品名
山水図
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 象牙軸 西村南岳鑑定書 高森砕巌高森砕巌箱 二重箱
本紙寸法40.8×129.8
全体寸法55 (胴幅)×220p
註釈

高森砕巌
弘化4年 (1847)〜大正6年 (1917)

上総国長南町(千葉県長南町)に生まれる。幼名、宗之助、名、敏。字、子訥。通称、有造。別号、菊梁、朶香、遂頑居士、自知斎、七松園、双松庵等。江戸にでて服部蘭台に儒学を、渡辺崋山の高弟山本琴谷に文人画を学ぶ。

西村南岳…鑑定家。

参商喜偶唔 永日頻来過
酔在青州外 心存端坳簡
香花感盛與 雁鷺仰禪班
舊責今揮寫 雲烟一幅山

甲辰孟夏宿呉雪上人寓館席有
擬道和尚詩暁窓作畫用其韻
仿笠翁回文体題以應眷禪上人
旧責呉雪上人所蔵古硯近得割
薆驚喜出意表故前聨及之 半江田粛